« 黒男権現さま | トップページ | 私の幼児性 »

2010年2月 4日 (木)

名主権現のこと

朝7時の気温ー2度。やや寒い。凍結予防のため昨夜水道栓を閉めて置いたから心配ない。
外にあるバケツの水が凍っていなかったから、零下時間が短かったのだろう。

黒男権現社のことで気になるので,弟に電話する。建物がないという話しは聞かないが、石段が途中崩れたり,管理をするものがいないので、お祭りもないし、長い間行った事がないから知らないという。
冷淡なものである。

やはり戦争はいけなかった。人心の荒廃正に極まれりと言いたい。

しかしもう一つ隣りの平家山裾野部落だった本谷の名主権現はお祭りをやってるし、お宮も残っているという。
15世紀末応仁の乱と共に豪族割拠して世に言う戦国時代が始まり、此の地も盗賊,海賊が蔓延り、良民は生き場を失っていた。当地の豪族だった大江清隣が、賊を平らげ後庄屋として施政を行った永年の徳を偲んで、その死後23年目(1579)に建てられたらしいだけに遺徳を守る人々が今も居るのだろう。
余談だが此の地区には、18世紀から19世紀にかけて、綿花栽培を指導発展させ岩国三白(紙、米、綿)の名を高からしめた村本三五郎も後年一時代を画している。蓮根の生産にも貢献し開作の恩人と言われ、大きな記念碑が私が物心ついた頃には既に室木部落の中央付近に建てられていた。

今日は立春,暦はもう春である。
時々日射しはあるが雲が多く外の空気は風も冷たいしまだ冬だと言える。

|

« 黒男権現さま | トップページ | 私の幼児性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/47476114

この記事へのトラックバック一覧です: 名主権現のこと:

« 黒男権現さま | トップページ | 私の幼児性 »