« 今天佑はあるのか | トップページ | 阪神大震災の年は私も大変だった »

2010年1月16日 (土)

我が家の会計年度

殆ど部屋の中で過ごしたから,外界の事を云う資格はないが,朝の気温は0.5度くらいだったし,照ったり曇ったりしたので,結構暖かかったのではと思ったりする。
もっとも昨日買ってもらったパジャマのせいがあるかもしれないが。
パソコンと終日にらめっこしてても,鼻水がぽとりと云うのは今日はなかったな。

一応家計簿の締めは終った。経費が大分減ったかな。旅行を殆どしなかったのが大きい。
外国へはとうとうどこにも行かなかった。もう行けないな。
しかし何もしなくても、介護保険、国民保険、住民税など天引きしてくれるのは驚く程大きい。
呉れたり,取り上げたり、独り相撲をやっていらっしゃるようで、お上とはおかしなものだね。

差し引き貯金が少し溜まった様で、金融機関のご機嫌がいいらしい。
年の暮れから新年と贈り物のシーズンだからといって、いろいろ子供のおもちゃのように、沢山貰って家内は私に振ってみせる。

寒いという事はやはり血の巡りを悪くするので、いい智恵はまるで出ない。ブログなど人様に見せられるようなものはもちろんだ。
しかし歳を取ったお蔭で面の皮があつくなったらしく,臆面もなく恥部をさらけだすことはできるので、こうして時々はくだらぬ世迷いごとをしゃべる。

正月早々故障した,安物の中古パソコンが驚く程大きな包装になって帰って来た。
ディスプレイの故障が直らないので同等品と交換したと説明書きがある。
早速ひもどいてスイッチを入れてみると今度はさすがに快調である。
膨大な包装に随分お金がかかっただろうなと、無償修理だけに気の毒な気持ちがしてならない。

|

« 今天佑はあるのか | トップページ | 阪神大震災の年は私も大変だった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/47312046

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の会計年度:

« 今天佑はあるのか | トップページ | 阪神大震災の年は私も大変だった »