« 暗鬱な元日 | トップページ | 天皇様のご隠居はないのか »

2010年1月 2日 (土)

元旦の宮島参拝

朝7時半、東天が明るんでいるだけで日の出はまだのようだ。雲が多いが雨雲では無さそう。
気温2度と昨日よりはうんと暖かい。風はそよともない。

家内と話し合って、宮島参拝を決め、午後1時過ぎ車で出掛ける。
やはり国道は車の列、あとからあとからと続く。駐車場の案内は地元の係員が手を振って合図してくれる。
桟橋を過ぎたところで止める事が出来る。

連絡船の込み具合は案の定ただ事ではない。臨時便が出ているとみえ5分おきくらいに出発する感じ。
どの船も勿論満杯。10分ぐらいで宮島に到着するのだが、凄い人の波で手を握ってないとはぐれそうである。
洪水の様な流れで、油断すると迷子になりそう。

社殿の入り口は混雑してどうにもならないので、入り口で拝んで、裏道を抜け大聖院に向う。
これも道路いっぱいの人の波だったが、流れに乗って無事お参りをすます。
同じ道を帰り、藤い屋に入って休憩、お茶を飲む。30分ぐらいいて桟橋に行く。相変わらずの人、もう5時近くなってるのにまだ参詣の列がつづく。
この人たちは島に泊まるのだろうか。

帰りの船ではいささかへばった感じ。折から雨が降り出したが船の中だから問題ない。
車の場所が桟橋から遠くなかったから、濡れる事もなくすいすいと帰路に付く。
帰宅したのはもう5時を回っていた。Img_1519
Img_1516

|

« 暗鬱な元日 | トップページ | 天皇様のご隠居はないのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/47187456

この記事へのトラックバック一覧です: 元旦の宮島参拝:

« 暗鬱な元日 | トップページ | 天皇様のご隠居はないのか »