« 横浜、そして生麦を訪ねる | トップページ | 気の利かないviefo »

2009年12月13日 (日)

自分の身体は自分が一番知っている

今朝の気温7度。もうこの程度の気温は身体がなじんで寒くも何ともない。
一昨日内藤先生に足がむくんでいる、胸の動悸はどうかなと云われたが、別にどうもない、東京へ行き帰りして、長時間座りぱなしだったからでしょうかと答えると、それでかとうなずかれる。よく休むんだなと一言。
昨日はゆっくり休んだのでもうむくみは取れている。
私は大丈夫と思ってるんだが、先生は少し危ないなと感じているらしい。

東京へ小便しに行った様なものだったので疲れは残っていない。90年も生きてると自分の身体の調子くらい何とか読める。

小沢は角栄の子分だから、もっと保守的だと思っていたが、中国へ手勢を引き連れて遣唐使まがいの外交はやるし、朝鮮には迷惑を詫びなければならないと取って付けた様にしゃべってみたり、いつのまにか社民党に鞍替えしたらしい。
一波乱起きねば良いが。

昼寝が済んで、オペラ熱が再発した訳ではないが、午後2時からのベルリーニの”ザイーラ”に耳を傾けながら、今これを書いている。題名すら聞いた事のないオペラである。
筋立ては全然わからない。ただ曲は美しく、最初からコーラスなんかで盛り上がって面白い。
全部終ってないからわからないが、拍手を送りたくなる様なアリアはなさそうだ。

寒さが年々身体に響く様になって、緊張しているこの頃だが、全般に体調は随分よくなった。
この分なら来春には念願の五島にも旅行出来るかも知れない。
妹が前から行きたいから連れて行けとせっついているのだが。
ここは天候次第なので、うかつに予約は出来ない。

|

« 横浜、そして生麦を訪ねる | トップページ | 気の利かないviefo »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/47011337

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の身体は自分が一番知っている:

« 横浜、そして生麦を訪ねる | トップページ | 気の利かないviefo »