« 粗衣粗食は美徳である | トップページ | 暗鬱な元日 »

2009年12月31日 (木)

歳末風景

朝起きると完全な雪景色、気温0度。8時半には猛烈に降り出す。あっという間に4、5cm積る。
元日にやってくれればいいのにと思うが、ままならない。
まあ、概ね正月支度は出来てるらしいから、いいか。
今朝は餅を焼いて、きな粉にして食う。我が家も変な具合。
平成21年(2009)も今日で終る。
親友横山君の死はどうにもたまらない。余生の少ない私の脳裏から去る事は勿論ないだろう。
元気な時の姿がまざまざと時折姿を現す。
孤独を痛く感ずる瞬間が交互に来る。
私にも茫然と老い朽ちることがあるのだろうか。

昼前から雲の隙間から大陽が顔を出す。
ばたばたと音を立てて融け始める。
10時過ぎまで0度だったベランダの寒暖計も、12時半には7度に上がっている。
やれやれ、この分では明日の元旦は楽しい朝を待ちわびてもよさそうだ。

一寝入りして起きてみると、外はすっかりいい天気で、さんさんと大陽が中天に輝いている。
ベランダの雪はすっかり溶けて、庭先の木々もあらかたもとの姿に戻っている。

先日差し出した年賀状が2通戻って来る。一つはマンションの部屋番号を書き忘れた為だが、もう一つは番号の号を八を六と書き違えただけなのだが、なんと器械仕分けの厳しい事。

灯油もあと少ないので買いに行く。年末とあって凄いラッシュ。スタンドの入り口から道路上に車の列。
やっと買ってついでにガソリンも補給して帰る。これで元日はゆっくりできるな!Img_1511
Img_1513

|

« 粗衣粗食は美徳である | トップページ | 暗鬱な元日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/47163626

この記事へのトラックバック一覧です: 歳末風景:

« 粗衣粗食は美徳である | トップページ | 暗鬱な元日 »