« 私の運転免許は軍隊に恩義 | トップページ | 民主とは時間がかかるということ »

2009年12月25日 (金)

老いのくりごと

昨日と同じ様に霧が深い。宮島も能美も見えない。
今朝の気温は4度、昨日が5度だったから同じ様な案配。
しかし予報では午後には雨になるという。

昨晩の夕餉の話しでは、今度生まれる曾孫はどちらも男の子だと家内が言う。
娘から聞いたらしい。今まで女の子ばかりの我が家にもとうとう男の子が混じるらしい。しかも同時に二人も。
今度は騒がしくなるだろうよ、天の摂理に素直に従うしかない。
もっとも私を憶えてくれるところまで行くかどうか。珍しい場面を見て死ぬるのもいいだろう。

クリスマスの日とあってか、やたら合唱の音楽が昨日から続いている。あまり聞き過ぎると案外嫌になるものである。日本の昔で云えば朝から晩までお念仏といったところだろう。

スイッチを切り替えて落語にする。こちらは不謹慎でまことによい。

午前中内藤内科に行く。来客が多くて時間がかかる。別に悪い所は何もないと先生は云う。
医者に来るぐらいだからと思って先生は云うのだろうが、それほどこちらは気にしている訳ではない。
先生が聞けば何処がどうだぐらいは返事しないと困るだろう。
どんどん薬を追加されては困るから、この頃はここも良くなったあそこも良くなったと、まるで病人ではない。

霧は益々深くなるが、雨にはならない。もう家並もビルも霞んで夕暮れと見まごうばかり、まだ2時半というのに。

4時とうとう降り始める。

|

« 私の運転免許は軍隊に恩義 | トップページ | 民主とは時間がかかるということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/47112257

この記事へのトラックバック一覧です: 老いのくりごと:

« 私の運転免許は軍隊に恩義 | トップページ | 民主とは時間がかかるということ »