« 多少の縁の森繁久彌逝く | トップページ | 大銀杏の驚き »

2009年11月12日 (木)

温井ダムと大銀杏

いい天気になったので紅葉狩りをかねて温井ダムまで行く事にする。
内藤には半日休診なので明日行く事にする。明日は又雨という予報だし。
自動車運転慣らしと云う意味もある。

10時半家内と二人で家を出る。宮島SAから高速道に入り,加計出口から出て温井ダムに向う。1時間で到着。温井スプリングは商売を止めたのか、閉ざされたまま。ダムの周辺をうろつく。結構物好きと思われる連中が沢山居る。周辺の山はさすがに色づいて美しい。風が出て少し寒い。ジャンパーの襟を立てる。家内はしまったマフラーを持て来るんだったと叫んでいる。谷風が厳しいが山陰に入ると遮られる。先だって訪れた湖畔のお社は今回は遠慮した。

ダムの食堂に入って食事。老夫婦らしいのがやっていて、あまりおいしくはない。
程々に切り上げて,大銀杏を見る為に筒賀に向う。戸河内交差点の大きな表示を見て,迷う事なく到着する。沢山の車が狭い道を行き交う。
大銀杏は神に祭られて側にお宮が建てられている。1200年の古木だそうだが,さすがに凄い風格である。
根幹の太さは十米はありそうである。
カメラマンが取り巻いてぱちぱちやってるが、大きくてなかなか写真に納まり難い。
近くの戸河内ICから高速に入って午後2時には帰宅出来る。
浜田に行くちょうど良い車慣らしになった。
Img_1479
Img_1480

|

« 多少の縁の森繁久彌逝く | トップページ | 大銀杏の驚き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/46743225

この記事へのトラックバック一覧です: 温井ダムと大銀杏:

« 多少の縁の森繁久彌逝く | トップページ | 大銀杏の驚き »