« 曾孫を見る幸福 | トップページ | 新嘗祭は父の命日 »

2009年11月22日 (日)

むかし孫が呉れた誕生プレゼント

気温6度と昨日と大差無し。少し寒そうだ。
昨日はアルパークに出掛けてジャンパーを家内が買ってくれる。ダウン入りとあって凄く軽い。老人向きらしい。
いつもなら食事ぐらいして帰るのだが、売り出し中とあって人が多く,風邪をうつされてもと早々に引き揚げる。
マスク掛けの人が多かったが,改めて危険な事だなとぞっとする。
広島県は今インフルエンザは小康状態らしいが、油断はならない。

明後日の荒磯温泉でのさざん会は、家内が去就を決めかねていて、こちらまで迷って寝付きが悪くなる。そこへ風邪でも引くともうまったなしである。
先般の天橋立で違約金を取られ、又今度違約金を払うなんてもうこらえてくれである。
旅はやはり暑さに向かっての方がいい。寒さに向っては故障が多い。

じたばたしたってもう遅い、今更どうなるものでもない。
今度しくじると東京行きが更に心配になる。神に祈るのみである。

J1リーグ、サンフレッチェの三位以内が難しくなった。それにしても故障者が多い。なんでこんなに次から次へと故障者が出るんだといいたい。ここ十試合くらいまともな戦力で戦ってないのでは思ったりする。出場者規約かなんかで罰金を取られたりする。情けない。自己管理が悪いのか、チーム管理がよくないのか、ファンの為にも慎重に行動して欲しい。

何年か前散髪屋に行くのが面倒になり、家庭用の道具を買って来て家内にやらしていたが、けれも結構面倒でとうとう坊主になって電気カミソリで刈っているのだが、昨日今日の寒さが頭にこたえる。昨年あたりから気になり出したのだが、やはりおいぼれたせいなのか。
今日とうとう堪えきれず、毛糸の頭巾を探し出してかぶることにする。
頭が暖かく好意が籠っていて楽である。長女のうちの孫がいつか買ってくれたものである。本人は中学生頃だったろうか、もう忘れているかも知れない。ありがとうよ、なほちゃん。

昼の食事にすり大根に鰹節が出る。うまいなあ。とうとう家内の分まで平らげる。削り残った大根がまたうまい。ちょっと醤油をかけてばりばり、ぴりぴりときて食欲急に増進した思い。
こんなものを食ってる限り食欲減退はなさそうだ。

|

« 曾孫を見る幸福 | トップページ | 新嘗祭は父の命日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/46827904

この記事へのトラックバック一覧です: むかし孫が呉れた誕生プレゼント:

« 曾孫を見る幸福 | トップページ | 新嘗祭は父の命日 »