« 今日も雨 | トップページ | リスボン条約なるもの »

2009年10月 3日 (土)

パンダの糞の細菌

気温16度で快晴。漸く秋らしい天気に戻る。
家内は昨日同じリウマチを2カ所で診る事は出来ないと内藤医師から断られた由。
家内は一応記念病院でリウマチは診てもらうことにするらしい。でも風邪を引いたら来なさいと内藤先生にいわれたとも。

私が予想した通り7年後のオリンピックはリオデジャネイロに決まり,東京は落選した。
南米では初めてだから当然だろう。シカゴは再三のアメリカだからどこも食傷している。東京も二度目だから仕方がない。しかも前回北京でやって,アジアはもう暫くはいいと思うだろうから。

ブラジルは今大発展しているというし、邦人が沢山暮らしているし、いいじゃないの、しっかり応援して上げたい。ポルトガル語の国というのも何となく嬉しいね。
種子島に鉄砲を持て来てくれて,そのせいもあって戦国時代が治まったし、ポルトガルには不思議な因縁を感ずる。
マカオを中国に返還して,今植民地が一つもないと国だという事も好感が持てる。
まだ世界には領土を拡張しようとして、あくどく小さな小島迄横取りして返そうとしない国があるというのに。
ポルトガルも日本も一頃は領土拡張に熱心ではあった。
いつかしっぺ返しを食らう時期が必ず来る。

今日の新聞でもう一つもっとも愉快なニュースがあった。北里大学の田口教授がイグ・ノーベル賞というのを貰ったという事である。研究成果はパンダの糞に生息する細菌がごみの95%を水と二酸化炭素に分解してくれるというのだ。発表会の席で千人の聴衆に笑いが起きたというが,私も嬉しくなって笑っちゃった。

|

« 今日も雨 | トップページ | リスボン条約なるもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/46380967

この記事へのトラックバック一覧です: パンダの糞の細菌:

« 今日も雨 | トップページ | リスボン条約なるもの »