« 極楽寺山に登る | トップページ | 有終の美を飾らしたい »

2009年10月23日 (金)

咳が気になる

朝7時半目覚める。昨日の疲れからかよく眠れる。気温12度、快適の青空、沖合の島々は僅かに霞んでいるがこれ以上は望むべくもない。春先から夏にかけて殆ど青空を見た事がなかった毎日がまるで嘘のようだ。
陽光が2mは十分部屋の中まで射し込んできて温かい。

数日来の風邪もどうやら治まったらしいが、まだ咳だけ残って突然咳き込んだりする。
咳は何時の時にもしつこい。半年もかかった事が過去に逢った。あの時は交通事故に引っかかって、入院中毎日点滴を受けているうちに治った。運良く副作用で治った訳である。

今回も点滴を受けたが1回ぐらいではどうにもならない。
家内は点滴をしてもらいに行けと薦めるのだが。
昔終戦時中国から帰還の徒次上海で胸をやられ血を吐いたことがある。軍医の見立ては結核の初期ということだった。間もなく帰国してしっかり農作業に精出し栄養を摂取して回復したが、後遺症としてははっきり残された。
戦後間もなく行われた公務員試験にも身体検査で引っかかり完全治癒まで保留とされた。その他再三の定期検査には何時も引っかかって再検査を受けることになった。
爾来胸部の弱さはいつも気にかかるところである。

親父も肺炎で死んだが、私も死ぬ時はそんな病気だろうと思っている。
咳がいつまでも撮れない事は矢張り気になるな。

|

« 極楽寺山に登る | トップページ | 有終の美を飾らしたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/46563036

この記事へのトラックバック一覧です: 咳が気になる:

« 極楽寺山に登る | トップページ | 有終の美を飾らしたい »