« 咳が気になる | トップページ | 妻の手の手術 »

2009年10月24日 (土)

有終の美を飾らしたい

連日の快晴が今日は崩れそうだ。灰色にすっかり覆われて8時現在夜がまだ明けきらぬ感じ。気温15度。
風邪は何とか治まった感じ。咳は殆ど出ない。
朝食もまあまあおいしく喉を通る。

冴えない天気のまま一日が終わらんとしている。島根の行商のおばあさんが亡くなったそうな。98歳とか。大した患いも無く突然亡くなったそうだ。大きな荷物を背負って一年には何度もうちの店にやって来たもんだったが、何時頃か娘に仕事をゆずったのだったが。親子二代で随分長い付き合いだったなあ。もっとも家内の話だとずうずうしいこの娘に、又この年末には買わされるらしいが。
地図を開いてみると、島根半島の最北端に”多古の鼻”というのがあるが、その多古からいつもやってきたらしい。今でも広島からでは大変な距離である。

歳月人を待たず、どんどんあの世に旅立って行く。世の習いだから仕方がない。次は我が番の筈だが、なかなかお呼びがない。

弟から先程も電話がかかって、使っていたワープロが故障したので修理を頼んだが部品がないのでと断られたという。仕方がないのでパソコンを買う事にした。どんなのがいいかと意見を聞く。娘の古いのを貰って使い方を習っているがさっぱり使えないという。娘も就いて居れないので、新しいのを買って講座を受けなさいというらしい。
今からではそうするしかないかなあ。暇なんだからいいではないかと言っておく。

習ってもコロコロ忘れて行くのが早い年齢だからやっぱり難しい事だ。
私の様に習うのは止めてマニュワルを一生懸命に読みこむ事あるのみなのだが、殆どみなそれが出来ないらしい。
弟も字慣れが悪い口だから駄目かな。

土田君からのさざん会の件どうしたらいいかまだ迷っている。風邪の具合が悪かったりでとても駄目だと思っていたが、良くなって来てみると、またやらんといかんかなあと思ったりする。
もしやっても今回で終りになる事はほぼ間違いない。誰しも有終の美を飾りたい。県の頂点を極めた男だから当然その慾は深いだろう。飾らしてやるか!

|

« 咳が気になる | トップページ | 妻の手の手術 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/46569919

この記事へのトラックバック一覧です: 有終の美を飾らしたい:

« 咳が気になる | トップページ | 妻の手の手術 »