« 久原房之助伝 | トップページ | 佐久間第6号潜水艇々長 »

2009年9月29日 (火)

高齢者自動車運転講習

今朝6時の気温は24度と夏がぶりかえす。
天気予報で雨を覚悟したのだが,7時半まだ降っては居ない。しかし朝靄に包まれて島影一つ見えない。そのうち降り出して来るかもしれない。

高齢者講習に出掛けるので早く起きたのだが早すぎて時間があるので、こうして日記を書いたりしている。

8時10分に家を出てバイパスを行く、一番乗り。
一緒に高齢者運転講習を請ける人6名、うち私だけがこの制度が出来てから3度目,2度目の人一人、後4人は初めてというのだから,皆70台である。若くて溌剌としている。
兵隊にいったのも私一人、休憩雑談の時皆驚いている。

認知機能予備検査は-1796点で問題ないと言われる。
しかし運転適性診断は総合評価3でまあやっと合格点といったところ。
自分でも驚いたのは夜間視力61秒以上でもう夜間運転は要注意とある。
動体視力も0.2で平均以下である。
しかも視野角度に至っては117度とこれまた平均以下で余程ゆっくり走らないと危険だということだった。

運転実習も30年ぐらい軽自動車オンリーだから,大きな試験車のコロナには手こずる。車庫入れは一度では無理だった。然も初めてのオートマだから勝手が違う。感覚が鈍るばかりの3年先にはとてもまともな運転は出来ないだろう。

停止視力が0.8あるので辛うじて免許更新は可能だが、どうやら今回限りという事になりそうである。
齢90にして,70年に亘る自動車とのお付き合いもお別れしなければならない。
やはり死んだ方がよさそうだ。

家内も市民病院から午後3時頃に帰って来る。随分人が多くて待たされたらしい。
結果は大した問題は無くよかったようだ。
次の機会に簡単な手術で済むとのことだった。

|

« 久原房之助伝 | トップページ | 佐久間第6号潜水艇々長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/46344963

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者自動車運転講習:

« 久原房之助伝 | トップページ | 佐久間第6号潜水艇々長 »