« 奇跡の不沈艦「雪風」 | トップページ | 軍国の母の覚悟 »

2009年9月18日 (金)

脱官僚主導ということ

今朝も6時半気温17度、昨日の午後5時半からずーっと17度だったのだろうか。不思議な気がしたのでもう一度寒暖計を手に取って見直す。やはり17度だ。
夜の間13時間も同じ温度という事があるのでしょうか?お天気博士様。

子供の頃歳老いてから目の見えなくなった九一郎伯父さんがよく昔話をしてくれたことがあったが、岩国との町境にあった招魂場の山におさんという狐が居て、よく人を化かしたとその手口を聞かされたものだったが、今朝はもう2、30分も前から寝てるのか起きてるのか夢見心地で私もおかしい。
とうとうわたしもいかれたかな。

伯父は”和木の与三郎に岩国のおさん”と賢い狐の名前を呼んでいたが、時々聞くあちこちの民話でも同じような名前が出て来る。どうやら江戸時代からの日本の伝説を地域にこじつけたらしいのだが。

明日から5連休とあって、金が要ると困るので下の県道の交差点にあるATMにゆき預金を引き出す。交差点の車の往来が激しいのが気になったが、何とか簡単に済ませる。
他店の銀行のATMだから今迄は手数料を取られていたが、最近はそれがなくなり、だんだん便利がよくなった。
それにしても5連休というのは度が過ぎるのではなかろうか。

民主党政権の人気が上がっているらしいが、脱官僚主導というのがどうもよくわからない。
今度選ばれた代議士にしても、従来からいる代議士にしても、その道その道で、担当の職員に比べたら技能の差は歴然としている。一から学ばなければ何にも出来ない筈だ。
三権分立が最良というつもりは無いが、古来素人が口出しして物事がうまく運んだ試しはほとんどない。いやしくも国、いや国民の運命を左右しかねないことに運任せの政治をしてもらいたくない。
専門家に任せた方が良いのではないかと思ったり、やはり争点になるわけか。

やり始めたら、投げ出したりしてもらうとひどい目に遭うのは国民だから。こころしてやってほしい。
私自身官僚も信頼出来ないが、代議士もそれ以上に信頼出来ないので。

|

« 奇跡の不沈艦「雪風」 | トップページ | 軍国の母の覚悟 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/46243312

この記事へのトラックバック一覧です: 脱官僚主導ということ:

« 奇跡の不沈艦「雪風」 | トップページ | 軍国の母の覚悟 »