« 悲しい思い出 | トップページ | 東部ニューギニア戦記再編集 »

2009年8月 6日 (木)

原爆65回目のこの日

沖縄付近に来てる台風8号の影響でこの付近まで大雨に見舞われそうである。
凄く範囲が広いらしい。

原爆の日、8時15分市のサイレンが鳴り響く。黙祷。
あの年以来原爆を使った国はない。しかし保有国は何倍にもなっている。
もう使うにも使えないということである。
その点では北朝鮮もイランも使わせないという抑止力にはなるかもしれない。内心どこにも侵略させないと思ってるのではないか。
韓国も日本も持つだけなら作ってもいいのでは。相手の核に脅えているだけでは情けない。
其のとき始めて非核の時代が到来する筈だ。

1985年の今日の日記に継ぎの記載がある。____
今日貰った見舞い状の中で大井駒二君が材料厰仲間の諏訪郁文、小林美好、小林博、内山
三郎、浅川孝らと一泊旅行に出かけて、満洲、桂林の話に花を咲かせている。今年になっ
て三度目とのこと。少しも飽きずに楽しいから不思議ですとはこちらこそ不思議なくらい。
一度仲間に入れて欲しい気がする。____
戦争は辛い体験だったが、悪い事ばかりではない。明日への結束になってることが、まざまざと浮かび上がってくる。
この日から24年、戦争終結から64年上記の仲間たちはもう皆あの世に行ってしまった。
歳月人を待たず、私の鬼籍に入る日ももうすぐそこ。

雲は多いが青空も覗くまあまあの天気で終わる。風がかなりあるので夕方は涼しい。

|

« 悲しい思い出 | トップページ | 東部ニューギニア戦記再編集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/45852529

この記事へのトラックバック一覧です: 原爆65回目のこの日:

« 悲しい思い出 | トップページ | 東部ニューギニア戦記再編集 »