« 私の人生に占める比重 | トップページ | 原爆65回目のこの日 »

2009年8月 5日 (水)

悲しい思い出

昨日の夕方やっと梅雨明け宣言があったらしい。今頃梅雨明けなど随分めずらしいことだという。
今度はかんかん照りに悩まされそうだ。梅雨の間は正直な所老人には恵みの毎日だった。

暑い日はなんと言っても,水浴びが最高である。子供のように海や河に飛び込む訳にはいかないから、家の中のシャワーという事になる。上がるとすぐ熱気が襲って来るからほん一時の快楽だけど、もやもやを中断することは後の動作にやはり役に立つ。

部屋の中は今34度だが、すぐ前のベランダは丁度50度にっている。
外に出たらやけどをしてしまうくらい。
昼はクーラーはかけない主義だから,今はふんどしだけでパソコンいじり。
眠くはなるが頭はまだまだ働いてくれてる。
この夏はもたんかなと思っていたのだが,原爆記念日そして盆と一番戦争を思い出す日々が目の前に来た。今年も思い出の深い日々をなんとか通り抜けられるらしい。

軍隊に入る直前の元日の朝宮島の弥山で一緒に初日の出を拝み、兵隊から私が帰った時には原爆で最後を遂げていたおっちゃんが、いまだに眼前をちらちらする。被爆者名簿にまだ身元不詳となってるとは寂しい。
身元は分かっているので,手紙を出したり,電話をかけたりして、届けるようにとお節介をやいたのだが、無視された。人情紙風船。全然知らない世代ではやっぱり無理かなあ。
あの世があれば一番に訪ねて行くのだが。

|

« 私の人生に占める比重 | トップページ | 原爆65回目のこの日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/45843304

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しい思い出:

« 私の人生に占める比重 | トップページ | 原爆65回目のこの日 »