« 生涯を閉じる日 | トップページ | 渇水と梅雨 »

2009年6月 7日 (日)

日本Wサッカーアジア予選通過

朝8時、町内の道路掃除。昨日あたり家の都合か早めに済ませた人もあるが、各戸から皆出て来て30分ぐらいで片付く。
側溝や排水溝に溜まった泥土,塵芥は一年に一度だから結構溜まっている。

老骨には屈んで排水溝の升の中を覗き込むことすらつらい。一応役目だけは懸命に果たす。家内は班内の総まとめに大忙しである。若くはないのだがよくやるなあ。

終わった途端目が舞い立ちくらみするやら、情けないことである。
水を3杯飲んでベッドイン。仕事を済まして来た家内が、寝てる私を起こしてスイカを食わす。おいしい。

深夜Wサッカー・アジア予選日本対ウズベキスタン戦を終りまで見て,興奮して眠れなかったのが、なによりこたえた。
しかし危ない試合だったなあ。開始9分際どい先取点はものにしたが、その後はほとんどウズベキスタンに押されっぱなしで、守るのは大変だった。1-0の勝利は幸運だったとしかいいようがない。
パス回しのうまさが日本の特徴だったが、ほとんど彼らの前には通用しなかった。
逆に彼らの再三のチャンスに打った、つめのシュートのあまさが日本守備陣を助けた。
ともあれ、日本は本戦出場資格を得た。今後の精進を望むのみである。

午後おやつを食べた頃からやっと元気を取り戻す。

|

« 生涯を閉じる日 | トップページ | 渇水と梅雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/45266306

この記事へのトラックバック一覧です: 日本Wサッカーアジア予選通過:

« 生涯を閉じる日 | トップページ | 渇水と梅雨 »