« 岩中同窓会 | トップページ | 私の戦争の意義 »

2009年6月26日 (金)

日除けの朝顔棚

朝6時、気温19.5度。ちょっとぶるぶる。昼中には30度をこえるという。
昨日は疲れたなと思っていたが、夕食は全然食わずに早寝したのが効いたのか、今朝は元気である。
同窓会の料理がよかった。最後のユバご飯、イチジクの天ぷらはおいしかったな。
幹事のキクがホテルの社長夫妻に注文をつけたのがよかったとか。
老人は沢山は食えないのだから、おいしいもの、いいものを少しづつ出せばいいとかねがね言ってたらしい。
いつも通り一人でノンアルコールを呑む、腹はもう3分目ぐらいでいいな。

松田さんのメールを終わりまで読んでみると,東広島に10年前住んでいたらしい。大学時代とも書いてあるが、広島大学にでも遊学したのかな。それにしても妙な因縁だな。今は広島市の東西両隣の間柄である。今は私の孫娘も一家で酒蔵の町の近辺のマンションの一室を借りて暮らしている。車なら1時間もかからない現在の近さ。
えらく遠くからのメールだなと始めは思ったものだが、そうでもなかった。

今朝の新聞で自民党の三役交代とか,内閣一部改造とかつたえている。この期に及んでなにをばたばたと思わぬでもない。
肩書きがなによりの選挙資産だからの措置だろうと意地悪く疑ったりする。解散をちらつかせながら結局寿命の尽きるのを待つ腹か。

昼近くなった今も沖合は霞んで宮島さえおぼろにも見えない。天気は良さそうだが日射しも淡い。
風があって部屋の中はまだすずしい。

午後セルフサービスのガソリンスタンドに行き給油したり、牛乳など不足している食べ物を買って帰る。
長年行き馴れたスタンドはもうとっくに無くなり,近くにはもうない。ままならぬことだ。

帰るとまた一休みである。
霞は終日晴れない。

夕方家内の命令で、べランダの手すりに向けて朝顔の網を張る。両方の支柱は古い物干竿である。
うまく出来る、しかし私は汗グッショリ。すぐシャワーを浴びる。
後片付けは家内の役目、よくやるなあ。

|

« 岩中同窓会 | トップページ | 私の戦争の意義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/45458811

この記事へのトラックバック一覧です: 日除けの朝顔棚:

« 岩中同窓会 | トップページ | 私の戦争の意義 »