« 町内の役目 | トップページ | 留守番 »

2009年6月 4日 (木)

33年ぶり

午前7時現在止んではいるが雨模様、気温18度。
昨夜はDVDアルバムつくりで約8時間かかる。夜中に起きてこんどはそれを試聴始める。終わるのが20時間ぐらいかかるだろう。

朝9時前突然林田さんから電話がかかる。元私の会社に勤めてくれた女性である。
驚いて電話を取ると、懐かしい声が元気よく響く。是非会いたいから今からでも会いに行くという。
ともあれこちらは毎日が日曜日のくらし、いつでも格別障りはない。
よければ今から家を出て,福岡から新幹線で行く。2、3時間みとってもらへばよいという。
OKするとすぐ携帯電話の確認をすませて,広島駅で落ち合うことにする。彼女らしい手ばしっこさである。
11:06ののぞみで、間違いなくあえたのだが、33年ぶりだから殆ど思い出さない。合図をしてやっとこちらを確認してもらう。
私の会社で最も印象に残る仕事をしてくれた人である。そして二度目には大きなお腹をしながら働いてくれた。頼りになる人だった。

来た時は宮島を案内しようと手ぐすね引いていたので,迷わず私の車に乗せて宮島に向かう。宮島は始めてだというのだからうんもすうもない。

12時渡船して、丁度引き潮なのを見て,鳥居へ急ぐ。彼女もデジカメを持参していたので,鳥居近くで撮ったり,海側から社殿を写したり、しながら回廊を逆に一周する。
途中で昼食を,名物のあなごめしで済ます。彼女もおいしいですねと喜ぶ。

帰路は平和公園、原爆ドームを横目に見ながら紙屋町を抜けて広島城の裏側にまわり、彼女の記念撮影の手伝いをしながら広島駅まで送る。

駅頭に降り立つとまた別れ難くなるので,彼女のいうままにタクシー車場に車をつけてさよならする。
時間的に近くなったとはいえ、やはり簡単に会える距離とは思えない。身体は不自由になるばかりである。今生の最後だったかもしれない。しかし会えてうれしかったし、なつかしかった。遠路を会いに来てくれた心根がなによりもうれしい。Hayasida
MiyajimaGojunoto

|

« 町内の役目 | トップページ | 留守番 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/45232345

この記事へのトラックバック一覧です: 33年ぶり:

« 町内の役目 | トップページ | 留守番 »