« めがね | トップページ | FM放送が楽しい »

2009年5月23日 (土)

老人の手習い

高曇りの空、しかし朝日が美しい。気温はやはり16度。今日は暑くなりそうだぞ。

先日買って来て読んだ本の著者久木綾子さんは80歳でパソコン教室に行きパソコンを学んで、”見越しの塔”を書き上げたと言って居られたが、やっぱりやればできるんだね、同窓会の席でいつもそれをいうんだが、水戸君以外について来るものが居ない。
勉学心旺盛なやからばかりなのだが、かたから機械類はいやだという文化系特有の機械音痴がたたっているらしい。

老いて来ると話し相手が何より欲しい。同年輩となるとさらによい。同期生ならいうことはないのだが。
久木さんは小説を書くだけに使って、メールアドレスはもっているが、来るメールは一切見ないことにしているそうだ。当然自分勝手に使えばよいことで、干渉するにあたらないが、おしいなあ、そこまでいったなら利用しない手はなさそうだのだが。
同年輩の俺だから敢えてお節介やきを言いたい。

私も毎日何十通もメールが届いている。しかし約9割は無視削除している。
しかし長い年月には貴重なメールをたまに見ず知らずの人から頂き、役立つことがある。
世の中はこうして成り立っていると思っている。完全に無視するのはもったいない。

午後にはかんかん照りになる。もう夏に間違いない。

パソコンなどは遊びと一緒で、好きになるか、ちょっとした根気の問題だ。
私の年代になると、ほとんど満ち足りた生活に堪能しているからダメなんだな。

|

« めがね | トップページ | FM放送が楽しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/45102005

この記事へのトラックバック一覧です: 老人の手習い:

« めがね | トップページ | FM放送が楽しい »