« バラ見物 | トップページ | めがね »

2009年5月21日 (木)

古い歌聞きたい

雲も霧も深い。気温18度。
今日明日は天気予報はよくない。

先日深夜放送でやってた、ジョセフィン・ベーカーの歌”かわいいトンキン娘”は東京娘と違うのかなと、ふと思ったりして、録音を聞き返す。やはり当時仏領だったベトナムのトンキン地方の娘を歌ったのだろう。まあどうでもいいことだが。
私よりほんちょっと前の世代の歌手だが、えらく可愛い声である。アメリカ出身だが、パリの踊り子として有名だった。私が小さい頃、踊り子としての黒い肌の彼女の写真を見たことがある。7、80年前の話だよ。

午後2時前ぼつりぼつりと雨落ち始める。気温25度、とあまり上がらない。

人間皆花が好きなんだなと思う、私ら夫婦も、春先から梅、桜、バラと追っかけて来た。こんどは菖蒲と決めている。つつじは我が家のそれがうまくなかったので、追っかける時期を失った。

東京の娘が晴子と二人でハワイに来月始めに遊びに行くという。
若いからさぞ遊び甲斐があることだろう。
ハワイならインフルの心配はないかな。

メキシコのインフルは勢いは止まったらしいが、死者はやはりぼつぼつでているようだ。
スペイン風邪のように死者何十万とまでは行かないからいいが。
ヴィールスなんてのは、そもそも生物の元素だが、これがどんどん組み合わせを変えて新しいヴィールスになる。これも一種の進化なのであろうか。

深夜放送が目が覚めたときだけでなく、積極的に聞きたい番組を聞くために、タイマー時計を先日買って来たのだが、案外難しいことがだんだん分かって来た。ぐっすり眠るときがやはりあると見えて、ベルが鳴ると起きるのだが、すぐ止めてまたそのまま眠ってしまうようだ。起きても役に立たない場合が2度続いた。
自然現象だからどうにもならないかな。

東海林太郎の歌声なんかは、今は深夜放送でなければ聞かれないと思っているが、中学生のとき弁士の説明を聞きながら見た”野崎小唄”や後に流行った”お夏清十郎”などの歌舞伎ものの東海林太郎の歌は懐かしく好きだ。
「清十郎殺すなら、お夏も殺せ」なんて言う科白は、今歌えば問題化するかもしれないが。

最近の歌のようにはでな付属物は一切ない平凡な歌だけだが、それが凄い情緒が感ぜられるのだが、どうしたわけだろう。聞くものの側に原因があるのだろうか。

|

« バラ見物 | トップページ | めがね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/45082832

この記事へのトラックバック一覧です: 古い歌聞きたい:

« バラ見物 | トップページ | めがね »