« 死の予兆 | トップページ | 空港の便 »

2009年5月 7日 (木)

小さな冒険

別に大した用事があるわけではないが、先般の鹿児島行きの写真などもあるし,岩国へ行こうと家内がいうので出かけることにする。
10時過ぎ家を出る。高速に入ったが今日はまるで閑古鳥。なんのことなく岩国へ、まず吉香公園に入り,広い公園を歩き回る。新芽が吹き出して、黄緑の大木のすばらしいこと。松など針葉樹の殆どない公園だから,今の季節が一番賑々しい。
桜が散っても、背景の城山といい、特異な樹木で覆われた公園は全国でも少ないのではなかろうか。

いつも行くレストランで食事を済ませ、いもうとの家を訪ねることにする。
家内が最近出来た岩国道路の八幡下の橋を渡ってみたいと言うので、平田まで行き、入り口と思える交差点からこの道路に入る。沢山の分かれ道があるので分からないまま入って西岩国駅の前に出る。早すぎたのでもう一度前のところまで引き返し、次の交差点まで行く。こんどは無事おぼえのある楠の下を通り抜けて橋を渡ることが出来た。

妹のうちへ着いたがあいにく留守、しかたがないのでもう一人の妹カッちゃんに電話する。うちにおいでよといわれる。

車を回して彼女のうちにゆく。私は2度目だが、大きな立派なうちだ。昔私が幼年時代村長さんだった人の土地の一部を買って建てたのだそうだ。
今日留守だった妹の舅さんは確かその村長時代収入役をしていた筈だ。妙な因縁だなと驚く。

丁度長男の新太郎君が東京から帰っていて挨拶する。立派な青年だ。早く嫁を貰えよと家内が口に出す。
1時間ぐらいおしゃべりして、写真を渡した後そうそうに引き上げる。
帰りも高速道はがらがら。すいすいと帰宅。料金もまだ3割引だった。

馴れない冒険をしたせいか凄く疲れる。3時頃帰宅して一度ちょっと起きたが6時までぐっすり眠る。

Img_1351
Img_1353

|

« 死の予兆 | トップページ | 空港の便 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/44932121

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな冒険:

« 死の予兆 | トップページ | 空港の便 »