« 知人を老人ホームに見舞う | トップページ | 私の葬送行進曲 »

2009年4月 4日 (土)

ミサイルの時代はすでに始まっている

朝から雨、気温5度と寒く、早春に立ち返った感じ。

午前中ひまだから、さざん会の全国大会合計34回の各回出席者の一覧表を作成する。
最多出席者はやはり横山君と私の29回である。まあよくも根気よく出席したものである。
どれほどの功徳があったかはわからないが、同期生の動静はやはり一番分かっているのではないかと自負している今日である。それにしても沢山死んでしまった。生き延びているからこその産物ではあるが。

昨日セ、パ両リーグが同時に開幕した。カープは巨人とアウエイで対戦、6-3で打ち勝ち初戦を飾った。
主砲の栗原が4打数3安打、5番シーボルが同点ホームラン、赤松が逆転タイムリー安打など打線がふるった。
パリーグの楽天とともに、今年はひと味違うぞというスタートとなった。

珍しく終日降り続く。気温も12度と上がらず。
外には出たくなかったが、野菜が切れてるというので、しぶしぶ近くのスーパーに出かける。
同じような人が多いと見え、駐車場はいっぱい。仕方が無いので自転車置き場に突っ込む。雨でこちらは少ない。
小さい車はこんな時は便利である。係員も何も言わず許してくれる。
私も手伝ってさっさと済ませて帰る。

北朝鮮のデポドンの打ち上げで我が国の朝野はこぞって大騒動、結局今日はネズミ一匹出す、肩すかしに終わる。
北朝鮮はここらあたりはお得意の芸で、大国米国といえども振り回される。
今あまり本気でぶっつかってもあまりとくをすることはないのでは。

しかし考えてみると、現在世界の戦争の態様は中東の戦いに見られるようにすでにミサイル時代に入っている。
ミサイルという兵器に制限は無い。ピストルを庶民が皆持ってる国が多数あるように、どの国でもミサイルは野放しである。
現実に熾烈な交戦を繰り返している。
航空機も軍艦もいらない時代はすぐそこに来ている。原爆を一旦搭載すれば、やられた国は滅亡する。やったりやられたりすれば、いずれ地球は滅ぶ。

日本はいまだにアメリカ空軍の翼の下に居て安全だとのんびりしてるが、ミサイル数発の先制攻撃で都市も空港も沈黙せざるを得ない。

軍用飛行機はいらないから、ミサイルを沢山準備し、いざ万一というためには原爆も用意だけはしなくてはならないかもしれない。戦いが始まれば、都市機能は大地震と同じように一瞬にしてマヒするだろう。

北朝鮮は全世界に向かって重大な警告を発したわけである。恐るべき偉大な国ではある。

|

« 知人を老人ホームに見舞う | トップページ | 私の葬送行進曲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/44564371

この記事へのトラックバック一覧です: ミサイルの時代はすでに始まっている:

« 知人を老人ホームに見舞う | トップページ | 私の葬送行進曲 »