« 春雨 | トップページ | 死ぬ直前電話して来た旧友 »

2009年2月20日 (金)

人口超大国の動向

昨夜はよく降ったが、今朝は上がっている.気温も5度とまあまあ。
霧が深くて沖の島影は全く見えない。昼頃には晴れると予報は云ってたがさあどうだろう。

昼前後ときどき太陽が顔を出す。それでも少しはほっとする。

今日の新聞を読むと、湾岸諸国も金融恐慌と原油の値下がりでえらく経済低調に陥ったらしい。
人減らしは日米だけではないわけだ。労働者の大供給国インドには職を失った大量の人たちが帰って来て、労働市場を溢れさし.インドのGDPの3%を超える送金が絶える事になり、経済を悪化さしているという。

中国でも失業者が増加し、政治不安にまで発展しそうな勢いという。
何しろ両国を合わせれば、世界人口の3分の一を超えようかというのだから、両国の動向は重要だ。

世界不況はこれではおいそれと回復に向かいはしないだろう。麻生がやっても小沢がやってもどうにもならないのではないかな。

|

« 春雨 | トップページ | 死ぬ直前電話して来た旧友 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/44122042

この記事へのトラックバック一覧です: 人口超大国の動向:

« 春雨 | トップページ | 死ぬ直前電話して来た旧友 »