« 失業救済は政府がやれ | トップページ | 自動車運転歴69年 »

2009年2月10日 (火)

日本は民主国家に向いていない

8時気温4度、9時陽光燦々。灰色の空だが雲らしきは見えず。天神山以南はもやって何も見えざることいつも通り。

金融恐慌とか,デフレとかいいながらも、物価高は相変わらず続いておかしいなと思っていたが,今日の新聞を見るとスーパーが軒並み食料、日用品の2割以上の値下げに踏み切った店が相次いでいる。
当然の成り行きだろう。原油高に便乗して値上げが続いたのだが、国民はすぐ消費節約で答えた。
みんながやれば大きい。スーパーももうけ過ぎを悟ったらしい。
安物をあさる主婦パワーはいつの時代も健在である。

正常に戻れば,国民経済は自ずから正常に戻る。企業が活況を取り戻せば雇用も復活するだろう。
政府はその間の潤滑油の運用を間違えないことだ。
定額給付金の実行が半年経っても出来ない。これでは効果は半減以下だ。
同じ民主国家でも米国とは決定の速度が遅すぎる。なんでもかでものろのろと牛歩戦術をとる日本国会は、老人といえども腹立たしい。小政府化はまず国会からやれといいたい。
昭和初頭の政界たらい回しが軍部台頭を招いたことを思い出す。

|

« 失業救済は政府がやれ | トップページ | 自動車運転歴69年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/44018805

この記事へのトラックバック一覧です: 日本は民主国家に向いていない:

« 失業救済は政府がやれ | トップページ | 自動車運転歴69年 »