« 黄砂降りまくる | トップページ | 世界と宇宙 »

2009年2月13日 (金)

砂漠とのつながり

気温9度と4月の気候,雨になりそうな気配。
黄砂はまだそのまま空に漂っている.雨で洗い流してもらわないと奇麗な空にはなりそうにない。

それにしても毎年今頃からずっと初夏になる頃まで黄砂は絶えず訪れて来る。
ゴビの砂漠から2500キロ、タクラマカンから5000キロ、よくもまあ飛んで来るものである。
漢の武帝といえば、2000年前に中国を統一し,西方の国々と通商を確立した人だが、その武帝の命を受け、大月氏国など西域諸国を13年間も経巡りシルクロードの基礎を築いたと言われる張騫の時代は緑したたる原野だったのだろうか。現在のような不毛の大地では到底偉大な西域諸国の存立はあり得なかったと思われるのだが。

九州から山口にかけて強風が吹いているらしい。ここはそよ風くらい。雨は午後になってしょぼしょぼ降り始める。
気温はせいぜい16度といったところか。気をつけていないからわからない。
日が射さないからとても暖かいなどとは言えない。部屋の中も18度だもの。

13日の金曜日だから、縁起の悪い日らしいし、おとなしくビデオを見ながらベッドの中で殆どを過ごす。

自民党がどうやら内紛を起こしているようだ。逆落としに追い打ちがかかってきた。
我が家では家内が心配しているのだが、もう駄目だね。
アメリカでもオバマが苦闘している感じ。やっぱり世界不況の打撃は深刻だ。
今までは大抵戦争で区切りがついたのだが、今回はそうも行きそうにない。

|

« 黄砂降りまくる | トップページ | 世界と宇宙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/44048622

この記事へのトラックバック一覧です: 砂漠とのつながり:

« 黄砂降りまくる | トップページ | 世界と宇宙 »