« 昔の正月休みの遊び | トップページ | 我が家の雑音 »

2009年1月 3日 (土)

正月、老人の心得

娘の所に招待されて、ご馳走をいただく。
孫たちや、婿さんそして婚約者もそろって賑やかである。
曾孫のアーちゃんが緊張したのか眠ってくれず、入り替わり立ち代わりあやすのにてんやわんやだ。
私ももちろんだが、皆誰しもこうした時代があったことを思い起こさせてくれた。

アルコールが多少でも入るので、娘らに迷惑をかけてはと電車で出かけたのだが、帰りは結局飲まない雅博さんに送ってもらって、迷惑をかけてしまった。
帰宅してすぐ昼寝を1時間。

夜はNHKニューイヤー・オペラ・コンサートをテレビでしっかり見る。
顔ぶれが随分変わった。新人歌手もなかなか力強く大したものだ。
欧米のオペラ本場で活躍しているものが多く、そのための顔ぶれの変化というのがあたっているかもしれない。

元来お正月というのは、若者のためにあるようなもので、年を重ねるごとに成長して行く若者を寿ぐための行事といってよい。死を間近に控えた老人は本来お呼びではない。
だからとくに私のようなとびきりの老人に出る幕があってはならない。
静かに寝室でテレビくらいを楽しみ暮らすのが一番良い。
かりそめにも若者の邪魔をしてはならない。

|

« 昔の正月休みの遊び | トップページ | 我が家の雑音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/43626760

この記事へのトラックバック一覧です: 正月、老人の心得:

« 昔の正月休みの遊び | トップページ | 我が家の雑音 »