« 私の妹 | トップページ | 米寿老人でも雑用はこなす »

2009年1月20日 (火)

健康の秘訣は食事か

昨日と全く同じような夜明け、灰色につつまれて天候も定かにはわからない。
若かりし頃の冷たく澄み切った夜明けの青空はもう二度と見ることはあるまい。
ましてや四国の棚引く雲の上にかすかに抜き出た高い峰峰は望むべくもない。
いずれもこの地方特有の冬の風物詩だったが。

午後遅くなって内藤内科に出かける。血液検査と尿の検査がある。
いずれも別状なしとのこと。風邪には気をつけるようにと注意される。
一応マスクはつけて行ったのだが。

医師に検査の結果が申し分ないように言われると、いい気持ちではあるが、何故こうなるのかと不思議な気もする。生来決して丈夫な体質ではない.母親には幼少の頃からひどく心配をかけた。とても人並みには生きて行けないだろうと、自他ともに感じていた。

転機があったとすれば、軍隊が何を置いても先ず考えられる。自分の健康など全然顧みるいとまはなかった。連日任務を思い、全力をあげて取り組んだ。最後は栄養失調になり、胸をやられて血を吐いた。
戦後も事業を失敗し、人にだまされたりして財産を失い、食うや食わずの生活を余儀なくされた。
健康管理が立派に出来る訳がなかった。

病身ではあったが、本質的には良い遺伝子を継承したことになる。
乾癬という自己免疫性の不治の病をもってはいるが、死に関係する病気ではない。むしろ免疫力が強すぎるのだから、生き抜くためには役立っているかもしれない。
不思議な巡り合わせをつくづく感ずる。

もう一つ重要なファクター、適切な食事ということがある。結婚以来60年間妻のつくる食事を摂って来た。
この貢献は計り知れない。
古来言われて来た通り、暴飲暴食を慎み、無理のない食物を平均的に、しかも腹八分におさめてきたことが、最高の要因だったに違いない。
何より健全な夫婦生活まもなく60年とならんとしていることで裏付けられる。
やっぱり家内のおかげだな。

|

« 私の妹 | トップページ | 米寿老人でも雑用はこなす »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/43801183

この記事へのトラックバック一覧です: 健康の秘訣は食事か:

« 私の妹 | トップページ | 米寿老人でも雑用はこなす »