« 献体当選 | トップページ | 生活の格差 »

2008年12月14日 (日)

広島のさざん会

12月14日(日)晴
朝起きるといい天気,気温はそれでも6度ある。
早速横山君に電話して今日例のところで忘年会をしないかと誘う。
昨夜電話して元気なことを承知していたし、忘年会の約束もしていたので、善は急げという訳である。
リーガロイヤルホテルのレストランでいつも会合しているので、そこで正午に会うことにする。

乾癬もここのところすっかり良くなってまことに快適な気分である。
この好機を利用しない手はない。
顧みると最近は特に躁鬱の交代が激しい。いつ又鬱に転化するか知れたものではない。

午前十時半広島に向かう。デオデオに行きLANケーブルなどを買う。
11:40からホテルのフロントで友の来るのを待つ。
車が混んでいたと言って少し遅れて来る。

6階のなにわ亭でいつも通り食事。数ヶ月ぶりなので話が弾む。
特に横山君は食うものを食わずに語り続ける。私が半分食った頃にもまだ手を付けず,おちょこに時々口を付けながら話す。

私は気になるので食事を指差しながら早く食えと叫ぶ。あまり食欲がないのかと聞くといいやという。
とうとう私が食い終わってもいくらも手を付けない。いささかあきれる。

食事を終わった私は彼の話を聞きながら、手元を見つめる。
1合の酒もなかなか飲み終わらない。
ぐだぐだと老人同士の話はしまりなく続く。
相客は皆帰って誰もいない.時間を聞くと3時。これはしまった。
料理のまだ残っている彼を促して席を立つ。
杖をたよりに揺れ動きながら歩む彼の歩調に合わせて、ありがとうございましたの声を聞きながらやっと勘定台にたどり着く。

彼はホテルからタクシーで帰る。私は市営駐車場に回り車に戻って帰路につく。久しぶりだからかなり疲れる。特に休日の街は人も車も雑踏して見ているだけでも混乱しそうであった。
しかし運転台に座ればこちらのものだ。

|

« 献体当選 | トップページ | 生活の格差 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/43419486

この記事へのトラックバック一覧です: 広島のさざん会:

« 献体当選 | トップページ | 生活の格差 »