« 医師の判断と体験 | トップページ | 孫の結婚日取り決まる »

2008年11月20日 (木)

原爆の記憶を残す

11月20日(木)晴
今朝はとうとう0度になった。昨朝は福岡でも雪が降った由。
暑いと云ったり、寒いと云ったり勝手な男。天気も物好きだな。
北の国では大雪になったそうだ。温暖化はどうなってるんだ。

家内がゴミ置き場で近所の谷川さんに会い,話をしているうち、その姉さんが最近本を出したので読んでくれと渡されたといって、持ち帰って私に見せてくれた。
「あの日を、わたしは忘れない」という題がついている。
ヒロシマ原爆の絵日記との副題も。厚手の用紙40頁ぐらいの絵入りの冊子だが、原爆の惨状が手書き漫画つきで書き込まれている。焼け焦がれた電車の窓に真っ黒になった棒が並んでぶら下がっている、よく見ると人間の手が炭化したものらしいとか、病院の庭のソテツの燃えた後に,広島二中の生徒が制服のまま材木のように放射状に置かれていたなどというのは、実感にあふれて身震いを感ずる。
早速買っておくようにと家内に頼む。後世に残す努力は何人も怠ってはいけない。口伝だけではどうにもならないから。

午後雲多くなり,日射しも弱まる。
5時過ぎには夕日が赤く,間もなく暗くなる。

ビデオに撮っておいたサッカーの日本−カタール戦を見る。
良い時間帯に思い通りの得点をあげ、危なげなく3−0で勝つ。得意の連携がうまく機能しているようだ。

家内は寒い中を一人で買い物に出る。元気はよいようだ。

Dont_forget

|

« 医師の判断と体験 | トップページ | 孫の結婚日取り決まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/43173304

この記事へのトラックバック一覧です: 原爆の記憶を残す:

« 医師の判断と体験 | トップページ | 孫の結婚日取り決まる »