« 源氏物語 | トップページ | ダニのせいか? »

2008年11月 4日 (火)

岩国城

11月4日(火)晴
連日もやったまま夜が明ける。赤い太陽が東の空を上がってくる。1時間もすると雲間を抜けて金色に変わる。
今日は暑くなるかな。
目覚めるとスグから顔のかゆみが気になる。一番に顔を洗う。
鏡に映る我が顔を見て情けなくなる。赤くあちこち腫れ上がって正に猿面冠者だ。
遠い先祖はやはり猿じゃったんだなあと今更思う。

長年使っているテキストソフトのJeditがX2へのバージョンアップをいうてくる。
早速そのホームページに入りUPする。指示通り入力する。終わるとライセンスキーは折り返しアプリに入力される。あっという間である。便利はよくなったが、商売上手になったなあと感心する。
誘導尋問にかかったような感じだ。

顔は洗ったまま何も塗らない。タオルを湿らしておき時々顔を拭う。さっぱりして気持ちがよい。かゆみはなかなか取れないが。

昼前になって家内が岩国へ行こうと言い出す。写真を妹らに届けるのと古い板くずを芳邦さんに焼却してもらうよう頼んだので、車に積めるだけ積み込んで持ってゆくというのだ。電話で話がついたからすぐにでも行こうという。
大竹ICで降りてスーパーで食事を済ませ、美恵ちゃんのところに回る。
他の妹らにはここから配ってもらうことにする。

芳邦さんは柿をもぐため人を雇って数人で作業をしていた。
持参した板を畑の端に下ろす。芳邦さんは早速すでに取り込んである柿をたくさんくれる。渋柿だから、干し柿にするのがいいだろうという。一仕事できる。すでに熟してグニャグニャになったのも数個くれる。こちらは帰宅してすぐ賞味する。樹上で熟したのはさすがにおいしい。

吉香公園に回る。ひさしぶりに今日は天気が良いから城山に登ることにする。
もちろん歩いては無理だからロープウエイを利用する。城までの残り300米は歩く。修学旅行生や一般客も多い。ロープも回数をふやしてくれたので、便利が良かった。
折からの夕日に冴えて錦帯橋を含む景色はすばらしい。

Img_1141
Img_1142
Img_1146

|

« 源氏物語 | トップページ | ダニのせいか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/43012230

この記事へのトラックバック一覧です: 岩国城:

« 源氏物語 | トップページ | ダニのせいか? »