« 原爆の記憶を残す | トップページ | 一人の残留孤児ものがたり »

2008年11月21日 (金)

孫の結婚日取り決まる

11月21日(金)曇り後晴
寒さが治まって今朝は5度。明後日お寺の本堂である田丸の法要はこの分ならなんとかなりそうだ。毎朝老人二人つぶやく声は寒い寒いばかり。
来月鹿児島行きも断念したし、もう寒さには克てない。

ガソリン補給と灯油購入に今まで行き着けていたガソリンスタンド廃業したので,どこへ行くか思案する。結局国道まで出たところにある自動給油の店に行くことにする。案の定案外手間がかかる。やり方が一度では覚え難い。
店員を捜して応援を頼んでやっと終わる。灯油とガソリンは別々だからなおややこしい。
灯油も¥80.で一頃の倍の値段。節約しないといかんな。

家内はパーマ屋さんに出かけて留守。
4時半頃帰宅する。

菜穂子の結婚式が3月8日に決まったらしい。
別に仲人を介してというような話は聞いていないので,本人同士の意向でそうなったのであろう。
大学まで行き、大学病院の看護師を経験し,今また市の保健師をつとめているくらいだから、それなりの社会経験もあり、人を見る目も出来上がっているのだろう。
親たちも全然異論なくまとまったらしいから申し分ない。
よろこんで招待に応ずるつもりである。

今度広島総合病院で出してくれた,顔のくすりは全く良く効いた。痛みもカユミも完全にとれて凄く楽になった。まだ手足のカユミが残っているがこちらは別の薬なので使う訳にはゆかない。

大宅賞に選ばれた「あの戦争から遠く離れて−私につながる歴史の旅」を読みたくなったのでAmazonに注文する、ついでに昨日読んだ「あの日を、わたしは忘れない」を追加注文する。

|

« 原爆の記憶を残す | トップページ | 一人の残留孤児ものがたり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/43182218

この記事へのトラックバック一覧です: 孫の結婚日取り決まる:

« 原爆の記憶を残す | トップページ | 一人の残留孤児ものがたり »