« 我ぼける | トップページ | 生まれ故郷メキシカリ市 »

2008年10月 1日 (水)

千年の香り

10月1日(水)曇時々晴
旅行疲れでぐっすり眠る。朝7時前起床。気温20度、寒からず暑からず。
お寺の石段や石道が応えたか,足のあちこちが痛い。

午前中は半ば呆然として過ごす。物忘れがいささか気がかり。
内藤内科に薬が丁度切れたので伺う。此処数日の物忘れ現象について伺う。結果的には病気ではないとの診断だった。
従ってなんらの治療も薬も与えられない。

石山寺にしても、延暦寺にしても流石に千年の古刹である。伽藍や仏像の大きさに驚くことはないが、その幽邃さには感じ入る。とめどなく古来よりの込められた深い香りを感ずる。

目が見え難かっただけ,他の五感に響くものを感じ取ったのかもしれない。しとしとと降る秋雨の風情も影響したかも知れない。

終ってから思ったことはやはり山道など歩くには杖を持った方がよいということだった。若い添乗員さんでも転んだそうだから、ちょっと油断しても危険だった。綺麗に石を敷き詰めた階段や道路は見た目以上にあぶない。
その気疲れも今日あたり尾を引いている。
子供らにも言われたことだが携帯電話も持ち歩くべきだった。最近は時計を持ち歩くことが煩わしくい。
だから昨日の様に時間が分からなくて困った。いろいろ学ぶべきことは多い。

台風15号は海上遥か南方を抜けて東方に向っていて、こちらには影響はないとのこと。
アメリカの金融市場が乱高下がひどくて、株に頭を突っ込んでいる妹たちは憂い顔だった。

世の中はいろいろままならぬことが多い。心配しなければならないことには手を出さないのが一番良い。
相変わらず油断出来ない様な勧誘の電話が多いが、番号表示機能のおかげで、悪質なものは全部局で撃退してくれる。
老人と見てしつこいのには困るが、もう何も関心はしめさない、相手にならないのが肝心である。

|

« 我ぼける | トップページ | 生まれ故郷メキシカリ市 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/42653525

この記事へのトラックバック一覧です: 千年の香り:

« 我ぼける | トップページ | 生まれ故郷メキシカリ市 »