« やはり北の思うつぼだった | トップページ | 東京の孫修学旅行で宮島へ »

2008年10月13日 (月)

緒形拳やはり惜しい俳優だ

10月13日(月)晴
今日も旗日だった。この頃の旗日は年により移動するので分かりにくい。より近代的ということなのか。
私らみたいな隠居には、どちらでもいいことだが。

雲の全くない日本晴れ。まだこの言葉存在するのかな。
朝の気温12度。涼しいとは言い難い。

昨夜は緒形拳さんの追悼ドラマを見る。ガンに苦しんでいた当時の映像だろうか、やはり演技のあちこちが痛々しい。
ごく普通の振る舞いにも重厚さがどっしり貫かれる。名優なる所以か。少し早過ぎたかな彼の死。

株価はまだ下げ止まらない。公平にとはいえないが、世界中一様に打撃を蒙ったことはせめてもの救いである。
物価など実経済に影響が出れば素直な結末なのだが。

品数が多くて値段が安いビッグまで出かける。人も多い。年金だけの生活だから安ければよいと追っかける。まだ車が使えるから出来ること。有り難いと思わなければ罰が当たる。

明日修学旅行で来る朝子に電話し,再度場所を確認する。天候はくもりとあってまあまあだ。うまく行けばと祈る思い。

アメリカの北テロ国家指定解除はなんとも友達甲斐のないことで、がっかりだが、拉致被害を受けたのは我が国だから人を当てにすることはない。毅然として国交は断絶したままでよろしい。こんな国と付合う必要はどこにもない。
拉致被害者にはまことに気の毒だが、殺されたものと諦めてもらう以外にない。

|

« やはり北の思うつぼだった | トップページ | 東京の孫修学旅行で宮島へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/42774759

この記事へのトラックバック一覧です: 緒形拳やはり惜しい俳優だ:

« やはり北の思うつぼだった | トップページ | 東京の孫修学旅行で宮島へ »