« 孫のグリーティングカード | トップページ | 満洲鉱山株式会社 »

2008年9月17日 (水)

やっと自分の墓地掃除

9月17日(水)曇
台風13号は東に向きを変えて,沖縄に向った。九州から四国,中国といつものパターンらしい。嫌だけどどうにもならない。
今日あたり前触れよろしく,今にも雨になりそうな雲行きである。

私が初年兵で入隊した自動車第3聯隊をgoogleで検索してみると、昭和14年5月に満州国公主嶺で編成されたようになっている。私が入隊したのは東安省斐徳にあった同聯隊に昭和16年1月だったから、すでに2年兵、3年兵が戦友として,神様の如く隊内に存在していた。
私自身は昭和17年11月に独立自動車第31大隊へ転属させられたから、縁は薄いのだが、同年兵の大多数は関特演以後独立自動車第69大隊に編成替えして居残り,その主力として終戦を迎えた。奇しくも同じ中南支の戦線で戦った。
だから同部隊の中隊長クラス及び下士官幹部は皆私の同年兵である。
戦後もしばしば再会することになった。終戦時は武漢に司令部があった第6方面軍の直轄部隊として編成表に記録されている。

ただ同部隊のものでネット上に記録を公表しているものは皆無らしく、なんらの記録も残されていない。
そこへ行くと独立自動車第31大隊については、私の投稿した「私の軍隊生活」をはじめ実に沢山の記録がネットに搭載されていて、googleで検索すればいくらでも出て来る。
もっとも私のものが過半数といってよいかもしれない。長生きした功徳というべきだろう。
誇るべき戦績などは全然ない,平凡な一日本軍の行動記録である。
私は大多数の軍隊は日の当たらない所で黙々として,その任務に従って行動し時に敵と戦った。
それが戦争の実態だと認識している。

昼前私の墓の草取りに家内と二人で行き20分ぐらいで綺麗にする.両隣の墓地が草ぼうぼうで見栄えがしないので、一応勝手に鎌で苅り倒しておく。
買ってから20年以上経つのに死人が出ない家が多い様だ。この列は特に多く半分空いている。
墓が建ってても空墓も多い。長寿社会が如実に示されている。

帰りはビッグで食事と買い物。2時過ぎ帰宅。間でちらちらと降ったがそれっきり。

夜暗くなって本格的な雨となる。やはり台風の影響らしい。

|

« 孫のグリーティングカード | トップページ | 満洲鉱山株式会社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/42507939

この記事へのトラックバック一覧です: やっと自分の墓地掃除:

« 孫のグリーティングカード | トップページ | 満洲鉱山株式会社 »