« 老人は果たして祝日の対象になるか | トップページ | やっと自分の墓地掃除 »

2008年9月16日 (火)

孫のグリーティングカード

9月16日(火)晴
沖合いは朝もやっているが,珍しく上空は青空一面で白い雲が点々と浮かんでいる。
良い天気になりそうな気配である。
台風は始め西北に向いてたものが台湾の北で東南の方向へ真反対に向きを変え,沖縄に向っている由。当てにならない台風だ。大型と言うから心配だ。

東京の孫二人から連名でグリーティングカードが私のメールボックスに入っている。
音楽や絵付きのしゃれたものである。
姉の方は進路に不安があるのかもしれなくて、大学の勉強に悩んでいる風である。
この時期誰しも確たる成算があるわけがない。自分も人も悩んでいるのである。
しかし世の中どの道をいっても、結局は自分の思う方向に進路が向く筈である。というより与えられた分野の中で見出して行くことになるのである。

私は運命的なものと思って来た。蟷螂の斧みたいな自分の力なんてとても宿命には逆らえない。
親も兄弟もどうしようもない。自分で選択し,覚悟を決めて飛び込む以外に道はないと知るべきである。

|

« 老人は果たして祝日の対象になるか | トップページ | やっと自分の墓地掃除 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/42496702

この記事へのトラックバック一覧です: 孫のグリーティングカード:

« 老人は果たして祝日の対象になるか | トップページ | やっと自分の墓地掃除 »