« マーラーの交響曲第5番 | トップページ | 老人は果たして祝日の対象になるか »

2008年9月14日 (日)

金主席重体騒ぎ

9月14日(日)曇
昨夜は前半大分降ったらしいが,長続きはしなかったらしい。
我が家は水はけがよいから、形跡は何ほども残っていない。郵便受けの新聞も少し湿った程度。
例によって朝靄がすっぽりと前景を隠す。

午前中食料調達にスーパーへ。
午後雲がちぎれて日が射し始める。
もう秋は争えない。空気自体が爽やかである。
眠るも快適,起きるも快適。

北朝鮮の金主席重体説が此処数日新聞やメディアを賑わしている。
交代の許されないお国だけにどうなるだろうかと興味津々といったところ。
流石に韓国が一番騒動しているようだ。中国は鳴りを潜めている感じ。各国の態様がおもしろい。

拉致問題も核問題も益々遠のくな。年内は何もかもお休みとなるだろう。
しかし人民の飢餓問題は冬に向って大丈夫なのかいな。石油の高くなったのはどの国も同じだし。

サンフレッチェの勢はもう止まらない。今日も2位の山形を4-0と大差で一蹴した。
今年も天皇杯で頑張って欲しい。J1昇格は間違いない所だから。

|

« マーラーの交響曲第5番 | トップページ | 老人は果たして祝日の対象になるか »

コメント

今日は敬老の日です。
娘達がメールを送ったので見ておいてください。

投稿: chiyo | 2008年9月15日 (月) 11時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/42474581

この記事へのトラックバック一覧です: 金主席重体騒ぎ:

« マーラーの交響曲第5番 | トップページ | 老人は果たして祝日の対象になるか »