« 曾孫と対面 | トップページ | 北島金でオリンピック佳境に入る »

2008年8月 9日 (土)

オリンピック初戦振るわず

8月9日(土)曇
北京オリンピック、予想通り簡単には勝つことは難しいことが緒戦からはっきりした。
あの谷選手でも同メタルに終った。地元から出場した平岡選手は初戦敗退で復活戦にも廻れなかった。
いずれも業の切れ味が悪かったというより出なかったという方が正しい。
特に谷選手は往年の切れ味は蔭をひそめていた。
女子サッカーはアメリカに敗れ、予選突破はほぼ不可能となった。
星野ジャパンもセンバツチームに惨敗し、選手の選考を誤った様に思われる。
マラソンの野口選手は入院していると言うし、全くどうなっているんだといいたくなる。

デオデオに行ってデジタルテレビをとうとう買うことにした。家内が寝てみるのに、小型の枕元に置けるのがいいと言うから、26インチのシャープ製にする。明日入荷する予定だ。

帰路スーパーに寄り食料を仕入れる。
猛暑の中をうろうろするのはどうでもいいのだが、老人二人でも結構食料がいるんだなあ。

|

« 曾孫と対面 | トップページ | 北島金でオリンピック佳境に入る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/42118655

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピック初戦振るわず:

« 曾孫と対面 | トップページ | 北島金でオリンピック佳境に入る »