« オリンピック初戦振るわず | トップページ | 広陵よくやった »

2008年8月11日 (月)

北島金でオリンピック佳境に入る

8月10日(日)晴
沖は煙っているが、青天井.日は早くからさんさんと照りつける。
早朝はちょっと爽やかだったが、8時半もういけない。
起き出すとすぐ壁付け扇風機の付け替え、風向きがどうもよくないので下の方に移動さす。従ってスピーカーや蛍光灯が一緒に移動することになる。やっぱり一仕事。

午後3時デオデオからデジタルテレビが持ち込まれる。取りあえず既存のアンテナを使って設定をしてくれる。結果的にはこれが悪かったか、既存のアナログテレビとアンテナを分配して使用を始めたのだが、アナログはぐちゃぐちゃ、デジタルは見えないチャンネルがあり、特に一番良く見るNHKが全然映らない。
しかもBSは別にアンテナを繋いでも全然映らない。

夜までいろいろアンテナをやり替えたりしてみたが駄目。これでは明日またデオデオのお世話にならなければならないとがっかりする。
こんなにデジタルが難しいものとは思わなかった。

8月11日(月)晴
朝早くから珍しく青空いっぱい、島々もほぼはっきり見渡せる。
今日も暑くなるぞー!

昨日のアンテナの不首尾が気になり5時には目覚めてあれこれ考えると眠れない。
どうも古いフィーダーを使ったのが悪かったらしいと気づく。
7時食事をすますとすぐ、アナログ線の方を分配器を取り替えて、配線を出来るだけ新しいのにやりかえると無事奇麗な画面になる。

原因が分かったので、10時デオデオに出かけ、8米のコードを一つ買って来て組み立てを終る。配線が変わったので本体の設定も自分でし直す。
今度はどちらのビデオも快適に奇麗な画面を映し出してくれる様になった。やれやれ。
一時は店員さんに来てみて貰わなければ駄目かと思ったが、その必要がなかったことがうれしい。

まだまだぼけてはいないぞ。

水泳平泳ぎ100米の北島の金メタル獲得もじっくり見届ける。2位になったフィンランドの新鋭が予選で好記録を連発していたので、危ないかなと思っていたが、流石は前大会のチャンピオン58秒91の世界新記録で王座を奪い取ってしまった。

午後は家内のベッドを横取りして、デジタルテレビのオリンピックや甲子園の野球を堪能する。
外は35度を超える夏真っ盛りをよそに、クーラーの中で寝そべってデジタルテレビ見物。極楽極楽!

|

« オリンピック初戦振るわず | トップページ | 広陵よくやった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/42136666

この記事へのトラックバック一覧です: 北島金でオリンピック佳境に入る:

« オリンピック初戦振るわず | トップページ | 広陵よくやった »