« 学校の先輩 | トップページ | オリンピック初戦振るわず »

2008年8月 8日 (金)

曾孫と対面

8月8日(金)曇
連日朝模様は同じ。島影はうっすらとは見える様だ。
オリンピックの初戦、サッカーは男子は1敗、女子は引き分けと雲行きはまことに悪い。このまま行けば予選通過は難しそう。世界の壁は日本の情報が伝えるほど甘くない。

昼前広島の中川病院に雅代の出産を祝いに行く。初産の母親は大きな声で泣かれると困ってしまうらしい。初めての曾孫と無事対面する。もっとも未だ目は閉じたままだから、一方的な対面ではあるが。可愛らしいいい子だ。月曜日には退院する予定だという。
この子と長い付き合いは出来そうにはないが、自然の理に沿って、連綿と後世へ繋いでくれと祈るのみである。
大変な世代になりそうな予感がする中に、殊更の幸運を望むのは無理か。

帰りに国際会議場のレストランで食事を済ませ、原爆記念資料館を観覧する。結構沢山の人が入っている。
前回と左程変わったものはなかった。外人が沢山目についた。いいことである。

日射しは厚い雲に完全に閉ざされて、幾分か涼しい一日になった。

夜いよいよ北京オリンピック開幕。過剰な期待はせぬ方がいい。

Atom

|

« 学校の先輩 | トップページ | オリンピック初戦振るわず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/42106530

この記事へのトラックバック一覧です: 曾孫と対面:

« 学校の先輩 | トップページ | オリンピック初戦振るわず »