« 宣撫工作 | トップページ | 学校の先輩 »

2008年8月 6日 (水)

原爆記念日

8月6日(水)曇
天候昨日に変わらず。沖の島々全く霞の中。何も見えず。
8時15分サイレン高く鳴る。心の中で静かに祈る。あの日から63年目。もっとも私が知ったのは1年も後の事だったが。その惨状もその更に1年後見た。
双葉あき子の”祈り舟”がいつまっでも胸に沁みる。

人類史上の汚点として永久に残った。消すことも忘れることも出来ない。人類が永遠に存続するとしてだが。
繰り返さぬ為には核廃絶しかない。何が何でもマナコを其処に集中しなければ駄目だ。

正木義男さんは電話もし、手紙も出したのに、あのまま身元不明者のままなのだろうか。
あのやさしかった”おっちゃん”が浮かばれない。私は何処にいて原爆に打たれたのかそれが知りたい。

原爆とは関係ないが、親友斎藤七郎君はいつどこで死んだのだろう。そんな筈はないといつも気に掛かっている。
同じ部隊の同年兵で、且つ学校の同期生で戦死したと言われるのは彼一人である。

家内は内藤で今日血液検査があるそうな、せいこうで3回、今度が1回、そんなに血を抜いていいのだろうか。
家内は血が無くなると心配している。

甲子園が雷雨で日田林工と大阪桐蔭の一戦、2回途中で中止、ノーゲームとなる。日田は4点ビハインドだったが、天佑神助あり。明日は逆に勝てよ。

夜小百合から電話で雅代が今朝午前1時無事出産したと知らせて来る。母子とも元気な由。万歳!

|

« 宣撫工作 | トップページ | 学校の先輩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/42088583

この記事へのトラックバック一覧です: 原爆記念日:

« 宣撫工作 | トップページ | 学校の先輩 »