« 蝉の鳴き声 | トップページ | アルゼンチン蟻 »

2008年7月26日 (土)

第一曾孫は女子か

7月26日(土)晴
朝早くから日射しが強い。外気温27度、室内32度。息苦しい一日になりそうだ。
出産準備のため雅代は大分前から親元に帰っているらしいが、家内は見舞に行きたいが暑くてどうにもならないという。車が上がって来たし、送迎してやるか。

先に傷の手当に外科に出かける。
大分良くなったがまだ時間がかかるらしい。水が入らぬ様に皮膜を貼ってくれる。

デパートで果物を買って,井上に行く。
雅代は大きなお腹を惜しげもなく出して,初めて母になる喜びに沸き立っている様な明るい顔で迎えてくれる。男には出来ない芸当なのだから、ただ唖然と眺めているしかない。
予定日は来月の16日という。頗る元気そうなのがよい。
女の子と決まった曾孫、まもなく元気な呱々の声が聞かれる。あに楽しからざらんや。

このマンションも最近から1時間¥100.の駐車コーナーを設けてくれたので出かけやすくなった。

午後になると青空が張り出し、珍しく空気が澄んで遠くの島々がはっきり見える。
暑くてもこの方がええ。
防水シールを貼ってくれたので安心して、午後4時2度目のシャワーを浴びる。

|

« 蝉の鳴き声 | トップページ | アルゼンチン蟻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/41975602

この記事へのトラックバック一覧です: 第一曾孫は女子か:

« 蝉の鳴き声 | トップページ | アルゼンチン蟻 »