« 温暖化 | トップページ | 戦友会 »

2008年7月 6日 (日)

お腹の中にいる曾孫

7月6日(日)曇
雨は降らないが、昨日と同じ朝風景。梅雨去らず。24度。暑くなるどとの予感。

郵便局に行ったついでに,市立図書館に行く。10時かららしく暫く待たされる。結局借りたい本がなく手ぶらで帰る。
午後1時過ぎ雅博さん夫婦が来宅。家内にお中元をくれたらしい。毎年の習わしみたいである。
いくらでも世間話は出て来る。
孫の胎児の目方が2450グラムになったいう。生まれて来る前から計れるのだそうだ。おどろく。
3時にはよる所があると帰って行く。

午後になるとすっかり猛暑。九州、山口県は梅雨明けという。隣市との間に高い壁がある訳ではないので、こちらも限りなく梅雨明けに近いということになる。
雲は多いが熱射は物ともせず地上に降り注ぐ。我が家の寒暖計は只今32度。

子供等は元気そうだが、こちらはやはりうんざりである。
午後3時青空が点々と覗き、沖の島々も一斉に姿を現す。この分ならこの辺りも梅雨明け間近しということか。

|

« 温暖化 | トップページ | 戦友会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/41754431

この記事へのトラックバック一覧です: お腹の中にいる曾孫:

« 温暖化 | トップページ | 戦友会 »