« 山口のホタル | トップページ | 心臓病が治る »

2008年6月 7日 (土)

ホタル

6月6日(金)曇
顔のカユミがひどくて朝5時目覚めるともう眠れない。眠たくなればいつでも眠れるので別に気にはならない。
ただ昨日の如く自動車を何時間も運転するということになると問題はある。休憩をたっぷりとることを考えなくてはならない。

朝から灰色の空が続いているが,日射しはそれを突き抜けて照りつけ結構暑くなる。

テレビで一ノ坂川のホタルを写し出していたが、人出3万人とか乱舞するゲンジボタルの写真などは私らの全然見知らぬ風景、何時の事かと驚く。

旅行疲れか終日身体がだるく、食欲も出ない。
腹には発疹が出来て痒くてならない。

内藤内科に行く。心臓の具合が良くなったが、薬は依然呑む方が良いと言われる。
暑からず寒からずまことに好日であった。

 
6月7日(土)曇
昨日と同じ様な朝。
午後2時半福永君から電話、体調依然として悪く、さざん会には到底出られない、皆によろしく伝えてくれとのこと。残念だが仕方がない。

CDから流れ出るシベリウスのシンフォニー第2番を聴く。18、9歳頃こうした名曲に涙したものだが、涙は出なくとも良いものは良い。今聞いているのはプロムシュテット指揮N響の演奏だが、流石にN響得意のレパートリーだけに凄く良い。N響草創期近衛秀麿が指揮して音楽ファンを熱狂さしたと聞いている。とうとうコンポーネントを替えて同じものを二度三度と聞く。ホールで聞くと同じ気持ちになりながら。
(写真左 一ノ坂川、右 漢陽寺庭)
Ichinosakagawa
Garden_of_kanyouji

|

« 山口のホタル | トップページ | 心臓病が治る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/41455440

この記事へのトラックバック一覧です: ホタル:

« 山口のホタル | トップページ | 心臓病が治る »