« 首相の問責 | トップページ | 親友を見舞う »

2008年6月14日 (土)

一つの終焉

6月13日(金)晴
かんかん照りで予定していた夏蜜柑の移植は取りやめ。
梅雨入り宣言が出るとよくこんなことになる。天候もけっこうあまのじゃくだ。
この天気は4、5日続くらしい。
仕方がないので、掘った穴に水をそそいで溜める。が姑息的な手段では駄目かな。
一応土を戻して雨が降ったら又ほり直すしか無いだろう。
日曜日まで晴れるらしいから,来週だな。

6月14日(土)曇
雨にはならないが,むし暑く動くと汗になる。
さざん会の大会に向けての資料の印刷などで一日暮れる。
細かい所はメールでホテルとやり取りして,書込みをする。なんとか当日の次第も出来上がる。
なにせ出席者5名だから簡単である。最近は喫煙、禁煙が喧しいのでホテル側からもそれを言ってくる。
電話で問い合わせた結果全員禁煙者だったので、禁煙ルームを改めて割り当ててもらう。
出席者全員と予め電話が出来たので,皆元気に出てくれることがよくわかった。
本間君の死は残念だが,他は元気で楽しみだ。
もうこれが最後の機会になるだろう。会うことはもちろん友の事を思い出し語ることも最後となるだろう。

|

« 首相の問責 | トップページ | 親友を見舞う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/41530630

この記事へのトラックバック一覧です: 一つの終焉:

« 首相の問責 | トップページ | 親友を見舞う »