« 広島城 | トップページ | さざん会返信第一号 »

2008年4月12日 (土)

家内の年金記録

4月12日(土)晴後曇
昨夜敷き蒲団を三つ折りにして足元において、その上に足を上げて寝る。横になって寝る癖のある私には,左右に身体を動かす度に目覚めが強くなって、なかなか寝付かれない。
昼寝で睡眠がたっているせいもあって、1時頃にやっと本格的に眠ったらしい。

今朝起きてみると,足首のむくれは奇麗にとれてしまって、昔の足の通りである。
こんなに早く一晩くらいで治るものだろうか。狐につままれた気持ちである。
ともあれ家内が今日内藤に行くよう昨夜のこと薦めていたのだが、その必要はなくなったようだ。

藤澤周平の「凶刃」を読み続けてとうとう読了。作品の質は少し落ちるかのといった私の感想。

今朝は顔がやけに痒い。なんでだろう。眉毛、びん、顎回り。そして頬。

社会保険庁から家内あてに記録コピーが来る。家内のは私と結婚する前勤めていた記録が入っていないので書き足すことになる。結婚数ヶ月前火事で会社が全焼し、自然退職となった次第だから失業保険だけは貰ったが,他の記録類は消滅したままになっていたらしい。

夕方土田君から電話、さざん会通知あれで良いと通報がある。
ホテルにも念のため連絡しておく。

昨日のメールに水戸君から2通はいっている。病気をえらく心配してくれている。
事実は事実として、現実に生きているかぎりは、やるべきことを止めるわけには行かない。
日記は自分の正確な記録だから、事実や考えをそのまま記録する以外に無い。

|

« 広島城 | トップページ | さざん会返信第一号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/40858809

この記事へのトラックバック一覧です: 家内の年金記録:

« 広島城 | トップページ | さざん会返信第一号 »