« 光ファイバー | トップページ | 子供の頃 »

2008年4月 2日 (水)

妻入院か

4月1日(火)曇後晴
せいこう外科の紹介状をもらったので、広島総合病院に家内を連れて行く。前回は紹介状が無かったので,診察を断られたが今回は受け入れられた。
しかし9時半に行き,12時まで待たされる。
結局23日に手術することになる。但し長女の承諾が無いと駄目だと言われ、長女に連絡を取って,一緒に病院に出かけなければならないことになった。長女も責任ある職場をもっているのだから、これは簡単ではない。
私の承諾だけでは駄目だとはどういうことだ。どんな法律が出来てるというんだ。
あきれてものも言えない。
当然予定通り事が運ぶかどうかなんともいえない。困ったものだ。

4月2日(水)曇
家内の入院問題など起きて,花どころではなくなった。23日には手術をするということになりそうだ。立会人に長女が出ることになった。勿論事前に医師に会って正式の承諾書もつくることになりそうだ。面倒なことになるものだ。

27日には広響の演奏会があり、切符をすでに購入しているのだが、無駄になりそうだ。19日には親戚の法事に招かれているのだが、これはどうにか叶いそうだ。
ともかく忙しくままならぬ四月になりそうだ。

朝から濃い霞の掛かった空は午後になっても晴れない。宮島がわずかにうっすらと影絵のごとき姿をみせているだけだ。太陽の光はぼんやりとも感じない。終日これで終るのか。
老人の世界はゆったりと暇沢山に見えるけれど,その実手足がいたい、身体が痒い,胃腸が変だ、気分がはっきりしないなどと、自身をなめずり廻して忙しく,気もそぞろにくらしているのである。
無我の境地になどとてもなれるものではない。

|

« 光ファイバー | トップページ | 子供の頃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/40738906

この記事へのトラックバック一覧です: 妻入院か:

« 光ファイバー | トップページ | 子供の頃 »