« 子供の頃 | トップページ | 後期高齢者保険料 »

2008年4月 4日 (金)

食道がん

4月4日(金)曇
10時内藤内科に行く。胃の調子がよくないのでレントゲン検査までして診てもらう。何も悪くないと言われる。
心臓薬の副作用が強い気がすると言って一緒に呑む消化剤を出してもらう。
昼過ぎまで時間がかかる。何はともあれ食道のつまりは、その反応がひどすぎるということだった。
いろいろ症状を訴えるから先生も迷っているのかも知れない。しかし胸の閉塞感は食道が詰まっているとしかいいようがない。ガンを先生は期待したらしく、癌も何も無いよ、スムースに流れているとレントゲンを操作しながら先生がいう。
どちみち永くない命だから、この先生に原因を見つけて欲しかったのだが,手柄を立てさせてあげられなかった。

沖縄尚学と聖望学園の決勝戦は9-0とあっけなく沖縄の快勝に終る。聖望の投手陣が疲れからか球威がなく沖縄勢に3壘打4本を含む15安打を喫して、為す所無く敗れてしまった。
接戦続きの今回のセンバツは決勝だけが別メニューに終った。

午後9時風呂から上がって,喉が渇いたのでお茶を飲む。やはり胃の入口付近が詰まって苦しい.穴がどうしても狭くなっている感じ。ひょっとしたら食道が平らになってひっついたのかな。レントゲンで見えないのだからそういうことになる。

|

« 子供の頃 | トップページ | 後期高齢者保険料 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/40764789

この記事へのトラックバック一覧です: 食道がん:

« 子供の頃 | トップページ | 後期高齢者保険料 »