« 京都の伝統 | トップページ | スポーツ花盛りだが »

2008年3月 8日 (土)

人ごとではないんだが

3月8日(土)晴
春霞は相変わらずだが,大空には雲一つ見えない。
昼前で掛けて天霧にうどんを食べに行く。楽々園に廻っていろいろ買い物をする。
好天気と休日が重なって車も多く人も多い。
用件だけ済ましてさっさと帰宅。それでも1時半だった。

10時過ぎから、北から雲が張り出して来て幾分天気は悪くなる。といっても太陽が隠されてしまう様な状態ではない。
ここの所朝はやくからムクドリが沢山庭に来ている。何を食べるのか知らんが実がなる様なものは無い筈だが。
私が窓から顔を出すとキイキイとけたたましい声を出して、一瞬の間に飛び去ってしまう。
例年今ごろ沢山やって来て、糞をまきちらして洗濯物などを汚してくれる困り者である。
特にその鳴き声には瞬間ドキンとこちらが驚かされる。

今日も身体が痒い。昼寝もし辛い。あちこち掻くから傷だらけになる。
この冬に入ってからこんな状態が続く様になったと思っている。
薬のせいか、食事のせいか、その両方か、ともかく体力の衰えがつけ込まれた感じである。
なんと因果なことか。

昨夜3時52分の地震はすぐ目の前の海の底50キロが震源とか、私は驚いて飛び起きたが家内は全然気づかなかったらしい。もっとも一度揺れただけだったから、初動に気づかねばわからないだろう。余震はなかった。
何年か前の芸予地震のときは、大揺れに身を任せ、棚から落ちてくるものを呆然と見つめていただけだったが、時間の長さといい、揺れの大きさといい桁違いである。この程度でよく目が覚めたなと思っている。最近は少し眠りが浅くなっているのかもしれない。

竹島さんの病気は圧迫骨折というのだそうだ。ギブスをしたまま動けない由。独身所帯だから退院しても大変だなと思う。独身貴族だと家内は羨んでいたが、こうなるとそうも言って居られない。それこそ介護保険、介護人のお世話が必要となるだろう。人の辛さを見て我が身を戒めるときが来た様だ。

|

« 京都の伝統 | トップページ | スポーツ花盛りだが »

コメント

私の持っている地震計グラグラフは、震度3.3でした。就寝中の地震は怖いですね。グラグラフは女性の音声で震度毎に避難行動を支持してくれるので、パニックにならなくて安心です。今回は夜なので非常灯も付きました。1台持っていると安心ですよ。
http://www.gragraph.jp

投稿: エスパーJ | 2008年3月 9日 (日) 17時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/40426012

この記事へのトラックバック一覧です: 人ごとではないんだが:

« 京都の伝統 | トップページ | スポーツ花盛りだが »