« 火災報知器 | トップページ | 蒙古の風 »

2008年3月 4日 (火)

心臓が弱った

3月4日(火)曇時々雨
黄砂去り止まず、島影淡し。太陽の姿なし。
気温5度とやや春めく。

早朝4時半目覚め、映画ビデオのダビングを行う。家内の為の韓国ドラマ『太王四神記」のダビングも併せ実施。

10時内藤内科に行く。検査結果が出て、先生が懇切に説明してくれる。肝臓、腎臓、血管、コレステロール値皆二重丸と申し分無い。ただ心臓が弱っていて、標準値50以下なるに105ある。これが原因で足のむくみが出ているのだろう。というわけで血流を良くする薬をもらって呑むことになる。まあ気休めみたいなものだが。

ともあれ、心臓停止による死亡率が一番高いということで、家族などに迷惑を掛ける率が少ないということは慶賀に堪えない。妻にも早速突然息が切れることがあるかも知れないから、普段から覚悟しておくよう改めて念を押しておく。
ここに来て怪我が一番怖い。痛いし、直ぐ死ねないし、下手すると永い間入院すことにもなりかねない。車は確率が高いので、心配の種になって来た。

|

« 火災報知器 | トップページ | 蒙古の風 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/40371810

この記事へのトラックバック一覧です: 心臓が弱った:

« 火災報知器 | トップページ | 蒙古の風 »