« 修学旅行 | トップページ | 老人病の一つ »

2008年2月 6日 (水)

ワールドサッカーいよいよ始まる

2月6日(水)晴れたり曇ったり
起き抜けはここのところ気温2度がつづく。
よく晴れていたが、9時近くなるともやってくる。今日もくもりかもしれない。
昨夜も身体が全身痒くて満足には眠れない。再三起き出してCDを掛けなおしたり、本をめくったりする。ひどく痒くなった所には薬を塗る。夜中の仕事みたいなものだ。
着膨れしているから何をするにも煩わしい。早くこいこい暑い日よだ。

昼近く結構良い日和になる。

昨日はうちからほぼ真北の方向約35kmにある恐羅漢山のスキー場から、スノーボートで西南の羅漢山に向った山男たちが、折からの天候急変から道を迷い、3日目にやっと救援隊に助けられた。7人の助けられた男たちは異口同音に冬山を甘く見過ぎたと述懐していた。
急峻な山ではないので雪崩に埋没するようなことはないだろうが、やはり霞に覆われるとどこへ行くか分からなくなる。一人でも事故者が出ると対応が自ずから違ってきて難しい事になる。もう1日悪天候がつづいたら危なかった。食料をまるきり持ってなかったということはやはり軽率のそしりを免れない。

私の身辺にも登山好きが二人居る。どちらも用心深いのでこんな心配はしないですんでいるが、すぐ近くの山でこんなことが起きるとやはり人ごとではない。

いよいよ始まったワールドサッカーアジア予選、吹雪の中を日本が4−1でタイを破り、幸先よい緒戦勝利を果たした。無論負ける相手ではないし、何が何でも勝たねばならぬ初戦だったから、前半リードした直後忽ち同点に追い込まれたのはショックであった。やはり油断は禁物の格言は永久に生きている。

|

« 修学旅行 | トップページ | 老人病の一つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/40019021

この記事へのトラックバック一覧です: ワールドサッカーいよいよ始まる:

« 修学旅行 | トップページ | 老人病の一つ »